相手の身になって伝える

1/3
「業務をスマートフォンに
​依存している現実

​重要な事柄ほど動画で渡すべき

移動しながら、カフェでくつろぎながら、ちょっとした時間でもスマホ一つで業務時間は短縮できます。効率性を上げれば、当然売上は上がり固定費は下がります。

様々なアプリが次から次に登場し、私たちは近い将来、会社に出勤せず

ともスマホの中で全ての業務を完結することになるかもしれません。

そんな変化の最中、私たちはサービスを受けるクライアントの身になって

パッケージを作る必要があります。

商品の説明書を分厚い冊子を送りつけるのは明らかに時代遅れでしょう。宣伝用のパンフレットを作って送りつけても封筒を開けず捨てられる可能性もあります。見てもらえるかどうかは、たまたまその時に商品を欲しがっている人の手に渡るかどうかという、運に左右されます。

運に頼った営業手法よりも、情報を動画にまとめた営業ツールを持ち、適切にウェブ戦略を運営した方がターゲットに自社の魅力を伝える機会が増えることは間違いありません。

ブランド戦略

1/3
「視覚に訴える」

ブランドの可視化

ブランディングが成功するために必要な思考は、商品や価格以外のサービスにいかに付加価値を付けられるか。

それは顧客になって経験し始めてわかるものです。

​動画ではサービスの疑似体験をすることができることから、ブランディングの価値をわかりやすく説明し、他社との差別化も伝えることが可能です。

®

LIAN エージェンシー合同会社

神奈川県横浜市神奈川区平川町14-3山二ビル201号

info@lianpromotion.com

  • YouTubeの
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

映像制作 | 動画ツール提案 | 営業支援

© 2019 by LIAN Agency.